2014年10月 5日 (日)

「野のなななのか」やはりワンダーランド!

たまには映画レポも。

大林宣彦監督の「野のなななのか」


前作の「この空の花」に続いて、かっ飛びの三時間弱!

何と言っても映画として面白い!!


笑っちゃう程の怒濤のセリフの交差、繋がる伏線、あえてのCG処理。


戦時中から3.11を経て今を繋ぐ、北海道芦別からの視点。


ソ連、韓国、中国、原発、自然、地域、家族、恋、人間の生きる力、

大林監督は歴史を繋ぎたかったんだろうな〜、

忘れさられる危険性を危惧して。


度々登場するパスカルズの音楽と皆様もかなり効いてマス!

そして、女優さんが皆魅力的でした〜。


監督はまだ「芸術の自由」に挑戦している。

青春は止まらないのである!

全国順次上映!機会がありましたらぜひ!

下高井戸シネマで観たけど、落ち着く映画館で、

近所にあるってのがステキです〜。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)